債務整理とは、債務。つまり借金をきちんと把握し整理をして、どうすれば一番負担が少なく、返済しやすい状況になるのかを交渉することです。
ここでは、実際に行われる債務整理の流れをご説明いたします。


債務の状況を細かく相談することから開始



債務が増え、生活に支障が出るようになってしまったとしたら速やかに専門家である司法書士や弁護士に相談することをお勧めします。
まずは無料相談などを利用するのもいいでしょうけれども、ご自分が抱えている債務の状況をきちんと説明することは大切ですね。
恥ずかしいから債務の額を少なめに話した。ということでは、相談を受ける側も正しい判断ができなくなります。
その際、より専門知識を持った司法書士なり弁護士なりを紹介してもらう形になると思いますが、それから正式に依頼手続きをします。

支払い義務が一時的に停止します



司法書士や弁護士に債務整理を依頼すると、債権者に対して任意通知を発送します。
任意通知は、正式な法的手段となりますので、債権者への支払いや債権者からの督促などは債務整理の手続きが終了するまでは、一時的に停止することになります。
万が一、この任意通知を無視して、債権者が支払いを要求した場合は、法に触れているということになるようです。

一番重要なのは債権者との交渉



借金の支払い義務が止まったからといって。問題が解決したわけではなりませんね。
大切なのはその後の債務者との話し合いになります。
司法書士や弁護士からサポートを受けながら、もしくは弁護士を代理人として債権者との交渉に移ります。
違法に高額な金利を支払っている事案が多いかもしれませんが、正当な金利をきちんと計算し直し、現在返済している金額と今後返済していく金額や期間などの摺り合わせや交渉を行うわけです。
交渉は必ずしもすんなりと解決するとは限りませんので、司法書士や弁護士の手助けが必要になってきます。

最終的には4つの債務整理方法分かれます



債務整理は、4つの方法に分かれます。
債権者と直接交渉をして過払い金などの返還を求める場合などの方法が、任意整理。
資産のすべてを放棄し、最低限の生活しかできなくなったとしても、債務をゼロにしたい場合に取られる方法が、自己破産。
いくつかの条件はありますが、自宅などの資産を守りつつ、債務金額を減らすことができる、個人再生。
簡易裁判所で、調停委員会のもとで交渉行う、特定調停。
どんな方法であっても、長所も短所もありますから、しっかりと司法書士や弁護士と事前に打ち合わせをしておくことが大切ですね。